2021 Taishi’s day☆ Feb.13

Posted: under 未分類.

2021年2回目の13日。

そして2021年2回目のTaishi’s day☆

もう2回目ですね!

と言う事はもう2月。。

思ったよりか今年は早そうだなぁ。。

とふと思った。

早いと言えば、

関東で春一番がもう吹いたとのこと。

過去最速とのこと。

ここでも吹いたのかぁ。。

強い風は吹いたけれど、

あまりに冷たく、

北風なのか春一番なのか

僕にわからない。。(笑)

きっとその違いは暖かさだったり

風向きなのだろう。。

まだまだ寒いけど、

僕への風向きもきっと

変わったに違いない!

そう思うのも悪くはないよね!!

と言ったところで、

2021年2回目のTaishi’s day☆

この辺で☆

2021年2月13日

寒い寒いと言いながらも、

子供の頃より分厚い氷を見る回数が

減ったように感じますね。

『氷の上を歩くように

一歩一歩

慎重に丁寧に

毎日を過ごせたのなら

後悔することはないのだろうか』

☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆

毎日を過ごせたのなら

☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆

*********************************







*********************************

Comments (0) 2月 13 2021

2021年1月31日

Posted: under 未分類.

2021年が始まり一ヶ月が経とうとしている。

山々は白く雪に覆われ、

風は冷たく正しく冬と言う感じだ。

ここ最近、

ニュースの更新速度もなんだか速くて、

次々と飛び込んでくる。

たまに頭や心が追いつかず、

閉じてしまうこともあるけれど…

例えばね。

僕には今日何もなかったとしても、

誰かには、

良いことであって、

次々と飛び込んでくるニュースが

喜びに溢れていたのなら。。

なんだか僕も、

良いことがあった気になったりしちゃう。

そんな風に、

喜びのニュースばかりが、

飛び込んで来るような

世界であったならと。

そしてその喜びを

誰しも羨ましさや嫉みもなく

素直に喜べる世界であったなら。

難しいかなぁ?

現実的じゃないかぁ?

だけど。

想う事は自由なこと。

想いが強く

時に傷つくこともあるだろう。

だけど、

想う事は自由なこと。

そんなことをふと想います。

違う誰かにも

関係ないと思う人にも

現実がとも伴わなかったとしても

素晴らしいと思える

今日がまた明日も来てほしい。

そんなことをふと想う。

なんてね。

と言ったところで

2021年1月最後の日はこの辺でw

2021年1月31日



『年輪のように

共に生きてきた時間を

記すことはできないけれど


君と重ねてきた時間は

互いの心を何層にも包んでる

年輪よりも厚く厚く


心配しないで

君の心は私が守っている』





⑳☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆①☆☆☆☆☆☆☆☆☆㉑

心配しないで

⑳☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆㉛☆☆☆☆☆☆☆☆☆㉑


*********************************







*********************************

Comments (0) 1月 31 2021

2021 Taishi’s day☆ Jan.13

Posted: under 未分類.

2021年1回目の13日

そして2021年1回目のTaishi’s day☆


改めまして、

明けましておめでとうございます!

2021年が始まりはや13日が過ぎようとしてます。

年末からコロナがまた増え続け、

そのまま年が明けたから、

どこか2020年を引きずっている感覚にもなる。

年末に書いたブログのように

やっぱり直ぐに何かが変わってはないけれど、

でも確実に年は新しくなったし、

状況はまだ良くはならないけれど。。

気持ちだけはね。

新しく前向きにね。

希望を。

期待を。

自分自身に持っても良いんじゃないかと

思うのです。

そう思っていれば、

なんか風向きも変わるかもしれない。

たまには思い込みも大事だと思うので。

でも気持ち的に

どうにもならないときは、

昨日の雪のように、

何も考えず休む事も大事ですね!

今年の目標は、

前向き時々休息って感じですかねw

と言ったところで、

2021年1回目のTaishi’s day☆

今年初めのTaishi’s day☆

この辺で☆

2021年1月13日


『何度も何度も歩んできた道

迷いや不安で

足取りが少し重たくても

今日は雪

真っ白に消してくれるから

今日だけは荷物下ろして

心を寝かせて』



☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆

真っ白に消してくれるから

☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆


*********************************






*********************************

*********************************

Comments (0) 1月 13 2021

2020年12月31日 大晦日

Posted: under 未分類.

いよいよあと数時間で、

2020年も終わろうとしている。

直ぐに何かが、

変わらないかもしれないけれど。

この数時間後の未来へ。

期待と。

願いと。

祈りと。

そして笑顔を。

強く強く。

そして、

お世話になった方々へありがとうを。

奮闘してきた方々に深く感謝を。

強く強く。

この数時間後の2021年へ。

願いと。

祈りと。

そして笑顔を。

強く強く。

と言ったところで

2020年12月最後の日はこの辺でw

皆様、笑顔で良いお年をお迎えください☆

2020年12月31日



『さぁさよならを告げ

弱くとも強く生きる

自分に捧げよ


さぁさよならを告げ

頼りなくとも守りゆく

愛を捧げよ


さぁさよなら告げ

厳しくとも越え行く

魂を捧げよ


そしてさぁ迎えよ

渾身の新しい自分を』




⑳☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆⑫☆☆☆☆☆☆☆☆☆⑳

渾身の新しい自分を

⑳☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆㉛☆☆☆☆☆☆☆☆☆⑳



Comments (0) 12月 31 2020

2020 Taishi’s day☆ Dec.13

Posted: under 未分類.

2020年12回目の13日

そして2020年最後ののTaishi’s day☆



今年もあと少しと

今年をなんとなく振り返りながらも、

今年のような出来事が来年はなくなって欲しいと願う。

何となく年が明ければ、

何か良くなるんじゃないか?って

根拠もなく思ってしまう。

年が変わる事への期待。

決して今年が捨て年と言うわけではなく、

全てを時代のせいにするわけでもない。

ただ、

あまりに大きな出来事過ぎて、

何か上手くいかなかった事に対して

言い訳を作れてしまう。

そんな自分も、

嫌だったりするから、

来年は正々堂々と勝負できる

そんな年になれば良いなぁと。

その為にも、

また繰り返さない為にも、

広げないように

広がらないように

予防しながらちゃんと守りながら

ちゃんと今年の教訓をしなけばと思います。

少しでも良い年を迎えるためにも。

と言ったところで、

2020年12回目のTaishi’s day☆

今年最後のTaishi’s day☆


この辺で☆

2020年12月13日




『先のことはいつだってわからなくて

時間はいつも僕を急かすように

時を刻む


あと一歩もう一歩?

光の射す場所まで


あと少しもう少し?

心休まる居場所まで


きっときっとそこに行ける

それまでまだ

それでもまだ?


立ち止まりたくない

僕がまだここにいる』



☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆

きっときっとそこに行ける

☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆




Comments (0) 12月 13 2020

2020年11月30日

Posted: under 未分類.

10月最後の日と同じように、

十三夜を経て満ちた

まん丸い月がよく見える

11月最後の日。

少し前に

大切にしていたモノを

呆気なく落としてしまった。

何かとは言えないけれど、

そこら中探しても見つからなかった。

焦って焦って、

あらゆる今までの思い出が蘇り

ただの後悔。

他の誰かにとってはきっとどうでもいいモノ

きっとそんなモノ?って笑われるようなモノ

ただ、

僕にとってはとても大切なモノでした。

例えばね、

それがとても安価なモノだとしても

例えばね、

それが大量生産のモノだとしても

手に取って想いが入った瞬間に

たった一つの自分だけの宝物。

たった一つの命と変わらない

大切な宝物。

失って尚そんなことを思います。

10月最後の日と同じように、

まん丸い月がよく見えているのに、

10月最後の日にはここにあったのに。

まん丸い月のようには、

ここにない。

先はやはりわからないものですね。

と言ったところで

2020年11月最後の日はこの辺でw

今年もあと1ヶ月ですね。。

2020年11月30日


ポケットにはいつもそれがあって

願いにも似たように

大切に包んでた


やがて破れたポケットから

それは落ちて

気付かぬうちになくなっていた


どこを見てもそれは見つからず

ただただ悲しさと後悔と淋しさが

左のポケットへ入り込み膨らんでった


破れたポケットを縫い合わせても

もうそこにそれはない


縫い合わせても

心はどこか萎んでる


朝陽をみても夕陽に照らされても

それは戻ってきやしない


時の流れに浄化を託す

ただただ哀れな私に


記憶の中で光輝くそれが

綻んだ心の隙間にひとつ

入り込んでいった』


⑳☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆⑪☆☆☆☆☆☆☆☆☆⑳

綻んだ心の隙間にひとつ

⑳☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆㉚☆☆☆☆☆☆☆☆☆⑳



Comments (0) 11月 30 2020

2020 Taishi’s day☆ Nov.13

Posted: under 未分類.

2020年11回目の13日

そして2020年11回目のTaishi’s day☆



今年も早くもあと1ヶ月と半。

なんだか何とも言えない年だったなぁと

ふと思う。

それでもね。

何とか日常を取り戻そうと踏ん張って来て、

それでもね。

やっと少しずつ日常が戻って来たりしていて、

それでもね。

また騒がしくなって来てしまっていて。

ちょうど少し解放されて来た気持ちが

またグッと抑えつけられてしまうようで。

不安と葛藤が交錯してる。

またそれとは全く別で。

自分の中ににも、

日常の中で自分に言い聞かせて

抑えてもう開けることのないと思ってた蓋が、

予想もしてなかったタイミングで、

ガチャって音がした事ありません?

と聞いてみたりして(笑)

と言ったところで、

2020年11回目のTaishi’s day☆

この辺で☆

2020年11月13日



『僕の憧れの人は

まだ走り続けてる


到底届きっこない遥か先にいて

もう独走してんのに

まだ僕の心を揺さぶる

まだ僕を刺激する


「ここまでおいで」と勝手に解釈しては

諦めようとする

僕の背中を

その音で押し続けてる


きっと知らないのに

絶対わかっちゃいないのに

なんで側にいるかのように

答えをくれるの?


そんな一方的な言葉に

また希望を抱いて

走り続けてる


あなたが待つゴールラインのその先まで

あなたの歌い声が響くその場所まで』


☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆

あなたが待つゴールラインのその先まで

☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆


Comments (0) 11月 13 2020

2020年10月31日

Posted: under 未分類.

十三夜を経て満ちた

まん丸い月がよく見える。

その周りには、

きらめく星が数え切れないほど

よく見える。

気温が下がった証。

星はなぜ瞬くのか?

なんとなく理屈はわかっているけれど、

不思議ですね。

昔みたアニメで、

「宇宙には涙の数だけ星がある」

そんなような事をいっていたことを

思い出した。

息が白くなりましたね。

そんな日は、

豚汁食べて、

お蕎麦食べて、

温まって寝てしまうのも良いでしょう(笑)

と言ったところで

2020年10月最後の日はこの辺で☆

あれ?アニメの言葉違ったかな…….?(笑)

ともあれ

今年もあと2ヶ月ですね。。

2020年10月31日


『ちょっと先の話だけどね。


いつ耳が遠くなって

あなたの声が

聞こえなくなってしまうかわからないから

出来るだけたくさん話をしよう


いつ目が悪くなって

あなたを見失ってしまうかわからないから

出来るだけ笑顔を見ておこう


まぁまだちょっと先の話だから

取り敢えず今は


あなたの手料理を

お腹いっぱい食べることにしよう』







⑳☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆⑩☆☆☆☆☆☆☆☆☆⑳

まぁまだちょっと先の話だから

⑳☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆㉛☆☆☆☆☆☆☆☆☆⑳



Comments (0) 10月 31 2020

2020 Taishi’s day☆ Oct.13

Posted: under 未分類.

2020年10回目の13日

そして2020年10回目のTaishi’s day☆



いやぁ早い。。

もう13日。

大きく曲がった台風だったけど、

強い雨を降らせたのは確かで、

大好きな金木犀も今年もまた

短く落ちてしまったのか・・と

寂しい気持ちでもいたけれど、

秋晴れが戻ったらまだ匂っていた。

うれしさのあまり深呼吸をして、

思いっきり金木犀を溜め込んだ(笑)

黄金色に輝く稲穂

それを刈っている機械の音

雨にも負けず耐え抜いて空を見上げる秋桜

そしてほのかに香る金木犀

心が少し切ないけれど、

やっぱり良い季節。

冬に向けて五感がまたもう一度

再生するような季節。

そんな気がします。

そして、

有り難いことに栗ご飯を頂きました☆

本当にいつも料理が美味しく、

『凄いなぁ』と感激しながら・・

お腹いっぱいに頂きました☆

胃袋もこれまた再生したような感じ(笑)

ご馳走様でした☆

と言ったところで、

2020年10回目のTaishi’s day☆


この辺で☆

2020年10月13日



『季節の足音に耳をすまして

深く深呼吸をしてみれば



鼓動が胸を打ち

心の在り処を示してくれる



辛いときもあるけれど

今日もなんとか生きてます』





☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆

辛いときもあるけれど

☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆



Comments (0) 10月 13 2020

10月3日。

Posted: under 未分類.





『光となり

風となり

私を包んでくれている


そう思えたから



心が少し

温かくなりました』






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私を包んでくれている

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



Comments (0) 10月 03 2020

  • Calendar

    2021年2月
    « 1月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
  • Archives

  • Link