2018 Taishi’s day☆ Apr.13

Posted: under 未分類.

2018年4回目の13日
そして2018年4回目のTaishi’s day☆

都心ではとっくに散ってしまった桜も
この辺りでは、
2.3日前が満開だった。

と言ってもいつもより
少し早い開花だったらしい。

標高と気温が違うと
こんなにも違うのですね(笑)

桜はどこに咲いていても
ついつい眺めてしまいますね。

都会を流れる川沿いに咲いていても。
庭の片隅に細く咲いていても。
森の中にひっそり咲いていても。

目に入いるとついつい見上げてしまう。

それが桜の魅力なんですね。

「もしも桜が、
一年中咲く花だったとしたら・・」

っていつも考えます。

一年中咲く桜って
どう見えどう感じるのでしょうかね。

近くに咲いた遅咲きの桜も、
そろそろ散ってしまいます。

また来年ですね。

と言ったところで、
2018年4回目のTaishi’s day☆
この辺でw


2018年4月13日



『どんな願いを
どんな想いを
どんな祷りを

この桜は託されたのだろう

どんな悲しみを
どんな嘆きを
どんな祈りを

この桜に込めたのだろう

季節を巡り
時代を経て

名も知らぬ私が見上げてる

この桜からは
植え人の気持ちは伝わらない

ただ
この美しさで
私は笑みが戻る

ありがたい。

春に感謝し
一年生きた証を知る』


☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆

名も知らぬ私が見上げてる

☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆

Comments (0) 4月 13 2018

2018年3月31日

Posted: under 未分類.

2018年3月最後の日。

明日から4月となり、
この3月最後の日をドキドキしながら、
または胸膨らませながら、
過ごした人も多いでしょう。

人生の中で選択をするときって
きっと沢山あって、

3月なんかは
そんな人が多くいたりした
月だったのかもしれない。

最後の最後まで、
迷って悩んで、
きっと決めたことも多いでしょう。

僕もそんな事があった。
そしてこれからもあるかもしれない。

ただ、
迷って悩んで出した答えで
直ぐに心が晴れなかったとしても、

いつかの3月を迎えた時、
いつかふと振り返った時、
「良かったなぁ」って思えた人が
多くいてくれたらいいなぁと思ったりします。

明日から迎える新年度と言う日を、

今宵の月のように、

満ちたる気持ちで迎え、
未来を照らしていってほしいと願います。

なんてね。
3月は僕もふとこんなことを、
いつかの3月を、
思い返してしまいますね!

と言ったところで、
2018年3月最後の日はこの辺でw

2018年3月31日


『ビルの間吹き抜ける風
生暖かくて
心地よくて
チクリと胸を刺激しながら通り抜けてく

沈む夕陽に
浮かんだいつかの背中

きっとあの頃より
胸は張れるだろう

きっとあの頃より
満ちているだろう

ただあの頃より
輝いているだろうか

その答えを知ってるのは
あの頃と変わらない
ポッカリ浮かんだ
小さな月』


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ただあの頃より

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Comments (0) 3月 31 2018

2018 Taishi’s day☆ Mar.13

Posted: under 未分類.

2018年3回目の13日。
そして2018年3回目のTaishi’s day☆

3月8日に無事、誕生日を迎える事ができた。
やはり自分の誕生日のある月はどことなく
特別で、親近感のある月。

とは言いつつも、
早13日が経過してしまったけれど・・

ちなみに、
たまに13が好きな為、
13日が誕生日じゃないの?と言われますが・・
そこは違うのです(笑)

「もう何回目の誕生日かな?」と改めて思う。

そして、
10代では考えられなかった年齢と、
10代ではイメージのつかなかった光景が、
いま僕の目の前に映っている。

自分自身のことも、大きな視野でみても、
良くも、悪くも。
想像は出来なかった。

とは言え、
現実は現実。

そして、
時は進む。

色ーんな分岐点や後悔もあっただろうけど、
また何年後イメージとは違うのかもしれないけれど、
ただ、ひとつ祈ることは、
その何年後、
心からの笑みが溢れていて欲しいな。

そんな事を思いました。

無事に誕生日を迎えられた事は、
本当に幸せで、
本当に感謝しなければならないこと。

そう思えることが、
僕一人だけでなく、
できるだけできるだけ多くの人が
そんな日を迎えられたらと思う。

それもまた祈り。

と言ったところで、
2018年3回目のTaishi’s day☆
この辺でw

2018 Taishi’s day☆ Mar.13


『3月 夕刻の18時
陽の長さで感じる季節の流れ

三日月と
消えそうな飛行機雲を眺めて想う

時に背中を押されるがまま
歳を重ねて

その辺に置き去りにした夢を
見て見ぬふりして

「これが私の人生」と
今日もまた素通りして

三日月と飛行機雲が
重なりあったとしても
その距離は計りしれない

夢と現実の狭間を
気持ちで埋めてみたら
あとどれくらい隙間があるのだろう

そんなことを考え

3月 夕刻の19時

三日月は輝き
飛行機雲は消えていった』

☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆

そんなことを考え

☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆

Comments (0) 3月 13 2018

2018年2月28日

Posted: under 未分類.

2018年2月最後の日。

いつもより短いだけあって、
あっという間に駆け抜けてしまったような
そんな月だった。

そしてふと思えば、
陽の長さを感じ、
空気の暖かさを感じ、

もう直ぐそこまで来ている
春と言う季節に心も軽くなっている
そんな自分の変化さえも感じられる。

こんなことを書きながら。

ふと外を見れば、
木々が大きく揺れている。

明日は春の嵐らしい。
そんなことをTVで言っている。

もう既に風はだいぶ強いですが、
いよいよ春の訪れを知らせますね。

そして明日からいよいよ3月!!

自分の月の始まりです☆

年を重ねる迄あと数日あるので、
新年を迎える同様に、
新しい歳に向かって、
この歳を振り返り、
新しい歳への抱負を考えたいと思います!

と言ったところで、
2018年2月最後の日はこの辺でw


2018年2月28日


『いつか心に植えた
希望の種は
未だ息吹きのまま
花咲く時を待ち望む


春運ぶ風に打たれれば
少しは雲も晴れるでしょう


その隙間から射す光を集めて
また息吹きへと希望を送る』


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

少しは雲も晴れるでしょう

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


Comments (0) 2月 28 2018

2018 Taishi’s day☆ Feb.13

Posted: under 未分類.

2018年2回目の13日
2018年2回目のTaishi’s day☆


早くも2回目という感じでもある。
今日は、
「立春」は過ぎたとは言え
北風が身体の芯を突き刺し、
猫背の僕をより猫背にさせる(笑)

まだまだだなぁって思いながらも、
ふと背筋を伸ばしてみれば、
桜の枝先に小さな蕾を見つけた。

じっと耐えるその姿に、
自分を照らし合わせながら、
小さな蕾に勇気を貰う。
ちょっと大袈裟かもしれないけれど、
たくましさを感じたのは確かだ。

ふと思う事がある。

この人と僕はどこが違うのだろう。
生まれ持った才能?努力?育った環境?
きっとどれも僕にはなかったものを
この彼は持っている。

そしてそこにいる。

今日その彼は勝負する。
自分とそして相手と。

日本ではないけれど、
僕は応援する。

それは僕にとって
大切な友人だから☆

と言ったところで、
2018年2回目のTaishi’s day☆

この辺でw


2018 Taishi’s day☆ Feb.13


『心の奥深くにある
小さな小さな魂が
僕を生かしている

不確かでも
花開くその望みを
確かに教えくれる

僕が生きる為に
光続ける小さな魂』


☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆

花開くその望みを

☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆

Comments (0) 2月 13 2018

2018年1月31日

Posted: under 未分類.


2018年1月最後の日は、
柔らかい太陽の光が注ぐ中、
雪の残る道を少しのんびりと歩いてみた。

光のありがたさ、
風の冷たさ、
四季のある国。

ほんの一部しか見ていない人間かもしれないけれど、
改めて日本はいいなぁって思った。

そして歩きながら、

早くも12分の1が過ぎて行こうとする中、
あと11ヶ月中に何とかしたいと小さな抱負を
抱いたりした。

あともう少しだけ意思が強くなりたい。
あともう少しだけ強くありたい。
あともう少しだけ大きな人間でいたい。

「あともう少しだけ・・・」

と繰り返し思い返すと、
ほぼ一緒のことでした(笑)

きっともう少しメンタルが強い人間になりたいのだなぁと
つくづく思いました(笑)

「あと少しだけでも・・」

自分で強くなったかどうかはわからないけれど・・
そうやって「あと少し」精神でいたら、
そうやって意識したら、
もしかしたら変わっていけるのかな?

まぁそんな小さな小さな抱負を・・

きっと雄大にそびえる山をみて、
遠くにぽっかり浮かんできた
大きな白い月をみたら
急にそんな風になりたいと
思っちゃったのでしょう!

そんな抱負を抱きながら☆

今日、
2018年1月最後の日はこの辺でw

2018年1月31日


『一日がまた終りに近づいていくとき
白い月は光を帯はじめる

凍えそうな暗闇の中でさえ
ひとつ凜として

触れることのできない
場所にいても

この想いは距離を越えて
君を照らす

凍えぬように
一人にならぬように

太陽となり君を想い
君を願い
心を照らしていく』



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この想いは距離を越えて

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


Comments (0) 1月 31 2018

2018 Taishi’s day☆ Jan.13

Posted: under 未分類.

2018年1回目の13日
そして2018年最初のTaishi’s day☆



「これが冬です」と言わんばかりの寒さ

そしてその寒さがまた、

淀んだ空気を洗い流してくれるような
芯の通った冬晴れの日。

改めて。

2018年も何卒お願い致します☆

2018年はどんな年になるでしょうかね。

僕は良き年になってくれるかなぁと
思ってます!

なぜかと言うと。

椿が咲いたからです!

と言っても意味がわからないと思いますが・・(笑)

その椿は一昨年の初冬に友人からの頂きもので
その冬に直ぐ咲くと思っていた蕾は
取れてしまい咲かなかった。

その後新しい芽が生えてくる気配はなかったものの
ただひたすら、毎日水を与え続け

そして、

ちょうど年明けと同時に咲いたのです!
気がつけば、1年3ヶ月程経っていて
その椿は白色だと言うのも1年3ヶ月程経って
初めて知ったのです。

なんだかね。
「花が咲いた。」
ただそれだけのことだけれども、

それがとても嬉しくて、
「良いことありそう。」

そんな気になるのです(笑)

単純だけれども。。

そんな気持ちも大事かと☆

そんな思考を持ちながら
今年を歩んでいこうかと思います!

2018年をはじめよう!


と言ったところで、
2018年最初のTaishi’s day☆
この辺でw

2018 Taishi’s day☆ Jan.13



『それは枯れることなく
それは萎れることなく

ただただ上を向いて
ただただ根を張り
ただただ葉を広げる

笑顔が咲くまで
じっとそこで
ただただ四季を繰り返す

自分に似た
一輪の冬の花』


☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆

笑顔が咲くまで

☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆

Comments (0) 1月 13 2018

2018年 元旦

Posted: under 未分類.

2018年

明けましておめでとうございます☆

今年も何卒お願い致します。


2018年 元旦


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

笑顔溢れますように。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


Comments (0) 1月 01 2018

そして思うこと。

Posted: under 未分類.

2017年最後の日は、
穏やかな空を眺めながらも
慌ただしく忙しなく
刻みゆく時間を惜しみ
気がつけばあと数時間。

年が変わるこの日は
毎年なんだかワクワクするような
淋しいような
誰にとってもそんな気持ちなのかもしれないけれど
やはり僕にとってもそんな日。

新しい何かを始める瞬間。
その一歩を踏み出すまでの過程を振り返る瞬間。

それが目に見えるから
気持ちが大きく動くから
きっと誰にとっても大きな瞬間なんだろうと思う。

ともあれ、
無事にまた新しい年を迎えられる事が
何よりも有り難いことだと思います。

そして、
振り返り、
今年も素敵な出逢いがあったことに
心から感謝をしております。

少しずつ少しずつだけれども、
出逢いが広がり、
支えられ勇気づけられ感謝をする。

そして思うこと。


そんな出逢った大切な方々に
どうか沢山の笑顔が溢れて欲しい。
なるべく笑顔で新しい年を迎えて欲しい。

そう願います。

最後に、
今年1年も本当に本当にありがとうございました。

また来年も何卒お願い致します。

と言ったところで、

2017年最後の日はこの辺でw



良いお年を☆



2017年12月31日


『時間もなくて
余裕もなくて
疲れも取れなくて

そんな繰り返しで
そんな積み重ねで
また一年

でもね。
それも私らしかったりする

何がなくてもて
また一年迎えられる。

それが何よりありがたい』

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

それも私らしかったりする

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


Comments (0) 12月 31 2017

2017 Taishi’s day☆ Dec.13

Posted: under 未分類.

2017年12回目の13日。
2017年12回目のTaishi’s day☆


そして2017年最後のTaishi’s day☆

冬本番を迎え、
山々はもうすっかり真っ白となって、
木々の葉はすっかりと落ちきって、
大地に舞い落ちた枯れ葉を
一日かけて広い集め、
肥やしとなるよう囲いに貯める。

自然の流れとは、
よく出来ていて
知恵と言うのは、
代々受け継がれてきている事に気づく。

12/2.3と行われた、
甲斐クラフトフェアーにお越し頂いた皆様
本当にありがとうございました。

そして、ブースに立てる時間が短く
直接お礼が言えなかった皆様。
本当に申し訳ございませんでした。

初めて作品を手にした方、
また毎年お越し頂いた方々も、
時間を掛けて読んで頂いていたこと、
色んな想いを作品と重ね選んで頂いたこと等
聴きました。

ほんの少しでも一枚だけでも、
私の作品が力添えとなれたのなら
嬉しく感じております。

来年出展することが出来たら、
その時はきちんとお礼を言えたらと思います。

本当にありがとうございました。


2017年の活動を
無事に締め括る事ができたのは、
皆様のお陰です。

また来年。
新たな活動へと発展出来るよう
頑張りたいと思います。

本当に本当にありがとうございました☆

と言ったところで、
2017年最後のTaishi’s day☆
この辺でw

2017 Taishi’s day☆ Dec.13


『枯れることのない花は
水や光がなくても
そこに咲き続けている

枯れることのない花は
雪が降っても北風に吹かれても
そこに咲いている

枯れることのない花は
誰かが命を吹き込んで
いま私を癒やしている

そんな風に
笑顔がまた誰かの笑顔を
作っていくのなら

汗を流し種を蒔こう

枯れることのない笑顔が
咲き続けていくのなら』


☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆

枯れることのない笑顔が

☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆

Comments (0) 12月 13 2017

  • Calendar

    2018年4月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • Archives

  • Link