2019 Taishi’s day☆ Mar.13

Posted: under 未分類.

2019年3回目の13日。
そして2019年3回目ののTaishi’s day☆


穏やかな日差しを浴びながら、
庭を歩いてみれば、
そこには、
ふきのとうが芽を出している。

きっと数十年前では、
手を伸ばしてなかっただろう。

そんなことを思いながら、
小さな籠を物置から出してきて、
ひとつ、ふたつと摘むんでいく。

ふきのとうを美味しく感じる。

きっとそれも
歳を重ねてきた証なのだろう。

そして

3月8日。

またひとつ歳を重ねることができた。

楽しかったこと、
うまくいかなかったこと、
嫌なこと、
悲しかったこと、
笑ったこと、
色々あるけれど。

誕生日を迎えられることと、
繋がっていく大切な方々に
ありがとうと感謝をした。

そしてまたその気持ちを引き連れて、
歩んでいきたいと思います。

と言ったところで、
2019年3回目の13日
そして2019年3回目のTaishi’s day☆

はこの辺で☆

2019年3月13日


『雨上がりの空に
春の声が聞こえた

雨上がりの大地に
春の鼓動を感じた

「春の来ない冬はない」

そんなよくある言葉の意味が
少しわかったような気がした』


☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆

「春の来ない冬はない」

☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆


Comments (0) 3月 13 2019

2019年2月28日

Posted: under 未分類.

2019年2月最後の日は、
冬の雪と
春の雨が入り混じり
丁度冬と春の真ん中を潜っているような
そんな気にもなる。

「なんだかいつもより早いなぁ」
と思いながら、
梅の花を眺める。

この1ヶ月予想以上に雪も降らず、
ホッとした気持ちもありつつ、
この季節らしくない山々の勇姿に、
少し寂しさも感じる。

桜の開花予報も早まって、
そんな風に、
例年通りとはいかない出来事が
沢山あって。

同じように季節が巡っていても、
全てが新しいから、
例年通り、予定通りと
うまくはいかないこともあったりする。

『そりゃそうだ。』って簡単に片付けられない
細かい性格を悔やんだりもしつつ、
パンパンになった頭を
冷やそうと外に出れば、
雲は晴れ変わらぬものがそこにある。

月を眺めて、
星を眺めて、

ずっと僕らを見てきたそれに
少しだけ余白を貰ったような
そんな気もした。

なんて、
ちょっとカッコつけて纏めてみたりした(笑)

2019年2月最後の日はこの辺で☆

2019年2月28日


『たまには早起きでもして
旅にでも出てみようか

いつもギリギリで
時間ってのを
邪気に扱ってしまっているから

流れる景色に
思い出す過去を重ねて
進むばかりの物体と未来に委ねて

今の光を
今の風を
深く呼吸して
目一杯心に取り込んで

もう戻れぬ辛さを知っているから

希望と言う手荷物を持って』



㉘☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆㉘

もう戻れぬ辛さを知っているから

㉘☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆㉘



Comments (0) 2月 28 2019

2019 Taishi’s day☆ Feb.13

Posted: under 未分類.

2019年2回目の13日
そして2019年2回目ののTaishi’s day☆



はや2回目の13日と本当に早く感じる。
昔、「歳を重ねればあっという間に過ぎるよ」と
誰かが言っていたが、
実感しております・・・(笑)

そんな中、
部屋の掃除をしていると、
1994年発行の「3月8日」と言う本が出てきた。

手休めに読んでみると、
3月8日の花は「キズイセン」
3月8日の石は「コーラル」
と書いてある。

「コーラル」そう珊瑚。

ふとね。想うことがあり、
珊瑚には深い想いを抱いていて、
そしてまた不思議な縁を感じた。

山育ちの人間ですが、
ふと出てきた本を読んで
3月8日の石と書いてあるのなら、
なんかね。
身近につけてみようかなと思いました。

単純ですがね。
それもいいですよね(笑)

因みに3月8日の性格は・・
情け深い理想主義者
打ち解ければ楽しい仲間
言動が苦手の為芸術に救われる

そうかぁ。

まぁ詳細は自分の中にだけに
収めておくことにして・・・(笑)

新しい歳へあと僅か
自分の性格を知りアイテムを身につけ
次の扉まで向かって行こうかと思います。

と言ったところで、

2019年2回目の13日
そして2019年2回目のTaishi’s day☆


はこの辺で☆

2019年2月13日


『目を閉じれば
結局誰しも独りぼっちだと知る

それでも信じたい

めぐり逢い
助け合い
生きてきたい

笑顔と孤独の
バランスを取りながら

月明かりのような弱々しい光でも
いびつに空いた心にあてながら』


☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆

バランスを取りながら

☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆


Comments (0) 2月 13 2019

2019年1月31日

Posted: under 未分類.

2019年1月最後の日は、
雪が降りはじめ辺りは真っ白。
今まで溜めていたのかと思うくらい
今も尚降り続いている。

今年も、
はや1ヶ月が過ぎたが、
今年はどんな出逢いがあるだろうかと
ふと考えた。

ふとしたことで繋がって、
ちょっとしたことで気が合って、
なんとなく気になって、
いつの間にかお互いの支えとなって。

それぞれ抱えているものも違う、
捉え方や感じ方も違う、
歩んできた道も全く違う。

けれど話しをするだけで、
そこにいるだけで、
お互いの抱えているものが少し軽くなって、
厳密に言うと力を貰うから、
軽くなった気になって、
笑顔を取り戻して、
また楽しみを先に作って、
それまで踏ん張っていく。

自然な流れで出逢い
今日の雪景色のように
真っ白なところからスタートして、
色んな景色が描かれていく。

そして
何色ものページがいくつも重なっていく。
心の本棚にまた1冊増える。

出逢いとは不思議ですね(笑)

今年はまた
素敵な出逢いがあるといいなと思います。

今まで出逢った大切な人達のように。

そして出逢った大切な人が、
笑顔でありますように☆

と言ったところで、
2019年1月最後の日はこの辺で☆

2019年1月31日


『雲が流れ光を帯びて
山脈の向こうへと沈み
一日の終わりを静かに演出する

向こう側の街では
きっとまだ陽が射していて
乱反射した陽は影を伸ばしているだろう

そんなことを想う
勝手な自分の隣には君がいる

広くても小さく感じるみたいに
巡り逢って
偶然と必然が噛み合って
いまここにいる

時はまた流れ
過ぎてきた時のように
言葉が足りないと呟くだろう
でも
また時を刻み
過ぎてきた時以上に
君と向き合うだろう

不安を拭うアイデアは浮かぬけれど
言葉の数より心は溢れてる

想いはいつも君へと射している』

㉛☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆㉛

言葉の数より心は溢れてる

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


Comments (0) 1月 31 2019

2019 Taishi’s day☆ Jan.13

Posted: under 未分類.

2019年1回目の13日。
そして2019年最初のTaishi’s day☆



気がつけば早、13日と年末の師走から
そのまま走りっぱなしのような気分。

きっと同じように、
気がつけばまた年末と言ったように
今年も過ぎていくのだろうか。。

と少し不安な気持ちにもなる。

でもふとテレビを観れば
来年のオリンピックの話。


『僕は聖火ランナー。
昨日の僕から今日の僕へと
受け取って
今日の心から明日の心にと
炎を灯して

魂をちゃんと繋いで行けたなら
点と点はやがて大きな成果へと

「導かれる。」
そんな頼りもしてられないから
自分で自分を導いていくんだ
風前であっても消さぬ灯火を抱いて』


なんて。
自分を重ねながら、
何となく今年はしっかり、
心の炎と言う点と点を繋げて行こうかと。

そんなことを観ながら思ったのです(笑)

てね☆

といったところで、

2019年1回目の13日。
そして2019年最初のTaishi’s day☆

はこの辺で☆

2019年
改めて本年もよろしくお願い致します!


2019年1月13日



『騒がしくて
慌ただしくて
かけずり回って
なんでだろうって
気がつけば消えそうになってた灯り

でもね。
僕は聖火ランナー。
昨日の僕から今日の僕へと
受け取って
今日の心から明日の心にと
炎を灯して

魂をちゃんと繋いで行けたなら
点と点はやがて大きな成果へと

「導かれる。」
そんな頼りもしてられないから
自分で自分を導いていくんだ
風前であっても消さぬ灯火を抱いて

そんなイメージと勇気をもって
また明日へ渡していく』




☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆

点と点はやがて大きな成果へと

☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆


Comments (0) 1月 13 2019

2019年 迎春

Posted: under 未分類.

2019年

明けましておめでとうございます☆

今年も何卒お願い致します。



2019年 迎春


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

笑顔でありますように。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



Comments (0) 1月 01 2019

2018年12月31日

Posted: under 未分類.

12月最後の日。
そして2018年最後の日。



ついつい猫背になってしまう。
ついつい身体に力が入ってしまう。
冷たい風が体中を覆う。
でも見上げれば晴天で澄み渡った青がそこにあった。

少し前に、
数年ぶりに旧友と再会した。

彼はその家を引き払うと言う。
預かって欲しいモノ、
貰って欲しいモノ、
それを受け取った。

僕もその家には何度も何度も
通ったことがあり思い出も強い。
その家の玄関を跨げば、
いつかの僕がそこにいた。

胸の中は懐かしさを通り越していて
言葉にするのは難しい。

色々話し後にする前、
綺麗な夕陽がそこにあった。

やっぱりあの頃と同じだった。

帰り道はなんだか考えた。
過去と現在の自分を。

まぁその答えは出てはないけど…(笑)

心が複雑に入り組んだ不思議な1日だった。

と長くなってしまいましたが、
今年一年を振り返るどころか、
何年も振り返ってしまいましたが、
今日で2018年は最後。

今年一年。
本当に多くの方々に感謝を込めて。

ありがとうございました。


と言ったところで、
2018年最後の日はこの辺でw

良きお年を☆



2018年12月31日


夕陽が降ろしたスクリーンの中に

いつかの少年が映し出されてる

それは無声映画で
喜怒哀楽を繰り返してる

僕はただそれを眺めては
聴こえぬ声を探って
少年の気持ちを確かめる

幸せかい?
夢はあるかい?
なぜ君はそこにいるのかい?

壊すつもりはないよ
それが君が歩んでる道だから

だけど
傷付いても傷付けるなよ他人様を
それだけは忘れずに歩むがいい


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

君はそこにいるのかい?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


Comments (0) 12月 31 2018

2018 Taishi’s day☆ Dec.13

Posted: under 未分類.

2018年12回目の13日
そして2018年最期ののTaishi’s day☆


まず、
先日行われた第17回 甲斐クラフトフェアーへ
お越し頂き本当にありがとうございました☆

毎年来て頂いている方、
そして初めて来て頂いた方、
僕にとって大切な方々ばかりです。
そしてまた力を頂けました。

来年の出展はまだ未定ではありますが、
たとえクラフトフェアーに出展しなかったとしても
また皆様に会える機会を
作りたいと強く思いました。
本当に本当にありがとうございました☆

1年は早く、
天気もコロコロと変わり、
なかなか落ち着かない日々ばかりですが、

なんとなく
慌ただしいだけで終わってしまう日々も
寂しくて。

なんとなく
この現状だけでは物足りない気もしていて。

何か方法を考えてみたりもしています。

「夢」と言ったら大袈裟かもしれないけれど、
「夢」と言ったら現実的な部分をみてしまうことも
あるけれど。。。

ただ、憧れで。
ただ、純粋で。
ただ、無邪気に。

描いている分には自由ですからね(笑)

それもまた原動力になるのなら
それで良いと思うんだ。

こんな時期なんで、
ちょっと振り返り、来年を見据えながら
そんなことを思ったりもして☆

と言ったところで、
2018年最後のTaishi’s day☆
はこの辺でw

2018年12月13日



『いま将来の夢と題して
書いてみなさいと言われたら

僕はどんな夢を描くだろう

消去法で消えていってしまう夢は
どこか寂しいから

壮大であっても
こぢんまりとしていたとしても
持っているのは自由だ

日常に埋もれてしまわぬように
ちゃんと持っていたい』

☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆

日常に埋もれてしまわぬように

☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆



Comments (0) 12月 13 2018

2018年11月30日

Posted: under 未分類.

11月最後の日。


11月とは思えない陽気で
少し窓を開けながら車を走らす。

目の前には雪を被った富士山が
雲から頭を出して少しピンクに染まっている。

なんとも幻想的だ。

そんな富士山を眺めて大通りを右折
細い道を抜けてもう一度大通りへ。

緩いカーブを曲がると
荒川沿いの土手が見えた。

『きっと歩くと気持ちいいだろうなぁ』

なんて妄想を膨らませ
歩いた気になって。

そんなこと想いながら
たどり着いた場所。

アイメッセ山梨。

明日から2日間クラフトフェアーに
出展するための準備をしに来ました☆

今年で5年目?ですかね!
そして
今年を一度区切りの年とも考えています。
(まだあくまで予定ですが・・笑)

そんな想いのクラフトフェアー
明日から2日間です。
そして私は12/2の1日限りになってしましますが、
ブースに立ちたいと思ってます!


皆様にお会い出来るのを楽しみにしております☆

☆第17回 甲斐クラフトフェアー☆

会期:
12月1日 10時~17時
12月2日 9時半~16時

と言ったところで、
2018年11月最後の日はこの辺でw

2018年11月30日



『土手を歩く
川の流れに逆らって

思い返してみる
何度もあった分岐点を

この川のように
その麓まで戻れるのなら

私は何処に行きたいのだろう

何度も書いては消したメッセージも
未だ送ることの出来ない臆病者

君はそんなことに気付くことなく
きっと幸せに暮らしてるのだろう

もう涙も出てこないから
少しは消化もできてるのだろう

ただこの風が川の音色が
あの頃を作り出しては
私を戻そうとするから

込み上げる胸の締めつけを
ファスナーを閉めそっと閉じ込める』


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

未だ送ることの出来ない臆病者

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


Comments (0) 11月 30 2018

2018 Taishi’s day☆ Nov.13

Posted: under 未分類.

2018年11回目の13日。
そして2018年11回目のTaishi’s day☆


今年も
もう残すところ僅かとなってしまいましたね。

ここまで1年が早いと、
一日なんて、いや数時間なんて一瞬ですね(笑)

雨が少ないせいか、
紅葉の期間が長く思えて、
紅葉越しの空がより青く見えて
いつまでも見たくなる。

まぁ雨が滲んだ深い色もまた素敵ですがね!

紅葉を見ると秋と感じる。
そして秋になると聴きたくなる曲がある。
むしろ秋でないと聴きたくない曲がある。

もう何十年も前の曲。
秋を唄っている訳ではないけれど。。

僕の中の秋の曲。

そんな歌ありませんか??(笑)

1年が早く一日や数時間なんて一瞬だと言ったけれど、
たった数分の曲は僕の中にもう何十年と流れている。

心に残るモノは、
決して時間の長さだけではないこともありますね!

上手く繋がったかな(笑)

と言ったところで、

2018年11回目のTaishi’s day☆
はこの辺でw


2018年11月13日

☆お知らせ☆


☆第17回 甲斐クラフトフェアー☆

会期:
12月1日 10時~17時
12月2日 9時半~16時

会場:
アイメッセ山梨


またいくつかの新作をご用意し
皆様にお会い出来るのを楽しみしております☆

『空が青くて

紅葉が綺麗で

太陽が眩しくて

風が心地よい

それだけで涙がでる

たまには
そんな理由の日があってもいい』

☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆

そんな理由の日があってもいい

☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆

Comments (0) 11月 13 2018

  • Calendar

    2019年3月
    « 2月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • Archives

  • Link