2020年3月31日

Posted: under 未分類.

「そう言えば。」と、
頭に過った宝物。

急にまた手に取りたくなって
心当たりの場所を覗くと
何故かそこにない。

慌てて思い当たる場所を
端から探しても出てこない。。

目を閉じて
その時の記憶を手繰り寄せる。

なんとなくの光景と
なんとなくの行動が蘇る。

それを頼りに
もう一度探してみる。

でも出てこない。。

きっとその探し物を
誰かに話せば「それってそんなに必要?」と
笑われるだろう。

でも失くしちゃいけないモノだって言う
感情が記憶と共に確かに蘇ってくるから、
僕にとっては大切なモノ。

そして大切なもの過ぎて、
別格にしまってしまって
別格の場所があまりに慣れてなくて
その別格の場所が思い出せないでいる。。

記憶とは薄れていくもの。
そう慰めてもジタバタしてしまう。

それならもっと少しわかりやすい場所に・・
とも思うがもう遅い。

もしかしたら、
この感情ですら、
日が経てばまた記憶と共に薄れて
いってしまうかもしれないけれど、

思い続けたなら、
ひょっこり出てきてくれるかなぁと願い
懲りずにまた端から探してる。

そんな風に大切な事は、
奥にしまい過ぎると
なかなか前には出てこない。

大切な言葉や想いは、
深ければ深いほど言い難い時もある。

だけど、そうやって
しまい過ぎて、
タイミングや大切な人を見失わない様に
たまにはちゃんと
心の宝箱をあけて
届けていかなければなぁ。

あらゆる事へ。


願いや祈りを込めて。
心を込めて。


2020年3月31日



『自由に未来を描いていいと言うのなら

君が泣いてる時にはそばにいて

君が笑っている時は共に笑って

寄り添い
寄り添える

そんな当たり前を
素直に喜べる

なんの曇りもない
未来を描きたい』


⑳☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆③☆☆☆☆☆☆☆☆☆⑳

いつもそこには

⑳☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆㉛☆☆☆☆☆☆☆☆☆⑳



Comments (0) 3月 31 2020

2020 Taishi’s day☆ Mar.13

Posted: under 未分類.

2020年3回目の13日
そして2020年3回目のTaishi’s day☆


少し早めの梅が咲き、
陽の沈む時間が延び、
まだ肌寒さも残るけれど
春がやってきたのだと実感する。

例えば3年と言う区切りがつく瞬間。
この3年と言う時間が、
誰かにとっては、
もの凄く早く感じて
また誰かにとっては、
もの凄く長く感じたりと

人それぞれその瞬間の気持ちは
違っていて

その瞬間を過ぎたあと
また何かが始まっていく。

それは本人だけじゃなく
またその家族や周りの人も。

例えたその3年間も、
アルバムにしたら数ページ
写真にしても数枚の記録や記憶なのかもしれない。

逆にたった一場面でも、
ずっと残り続けることあるけれど。

振り返れば一瞬であることは
この先もそう。

良くも悪くも色んな事が
あるけれど。

もの凄く短く感じた人にも
もの凄く長く感じた人にも
もの凄く耐え抜いた人に

梅の花が春の風に揺れて
空は青く
柔らかい陽が照らす。

微笑みのある
春でありますよう。

2020年3回目のTaishi’s day☆
この辺で☆

2020年3月13日



『何もなかったとしても
何も残らなかったとしても
終わりではない
終わらせない

歩みの中のたった一ヶ所
踏み切りを通過しただけ
過った車窓のひとコマひとコマに
何も写ってなかったとしても
何も残らなかったとしても

まだ終わらない
まだ終わらせないで
未来の地平線を見つめて
歩み続けて

そのどこかにはきっと
誇れる自分を見つけられるから』



☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆

未来の地平線を見つめて

☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆


Comments (0) 3月 13 2020

2020年3月8日

Posted: under 未分類.


向こうから
おぼつかない足取りで駆け寄ってくる
小さな足音


その純粋な眼差し
その真新しい笑顔


輝きが
ほころんだ心を
埋めてくれる


そんな風に


何の濁りもなく
疑いもなく
両手を広げ
未来を抱きしめることができるかなぁ



真新しく
眩しく
その透き通った未来と
どれだけ強く希望を持って
駆け上がれるかな




2020年3月8日



☆③③③③③③③☆⑳☆③③③③③③☆

未来を抱きしめることができるかなぁ

☆⑧⑧⑧⑧⑧⑧⑧☆⑳☆⑧⑧⑧⑧⑧⑧☆

Comments (0) 3月 08 2020

  • Calendar

    2020年3月
    « 2月   4月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • Archives

  • Link