2019年3月31日

Posted: under 未分類.

2019年3月最後の日は、
桜の開花宣言が出たにも関わらず
肌寒さが残る一日となった。
ここ近年はそんなような気がする。

でももう明日から4月。
きっと満開となる日はそこまで来ている。

そんな中、
少し前に懐かしの場所を通った。

よく歩いた道。

時に笑いながら。
時にうつむきながら。
時に疲れながら。

何年と何千回と歩いた道。

都会の移り変わりは早いけれど、
そこには変わらぬ景色と面影が沢山あった。

現状に満足しない性格は、
今も昔も変わらず
あの頃も歯を食いしばっていたのは変わらない。
決して楽しかった日々ばかりではないけれど
輝いて見えるのはなぜだろう。

取り巻く環境が変わったからか?
それとも重ねてきた年齢のせいか?

答えは出ないけれど、
やるべきことはただひとつ。
それは「今を輝かせるのみ!」

ありきたりかもしれないけれど、
そんな言葉からまず始めることが
大切なのかもしれないね。

昔の思い出とは
都会の中にある小さな公園
そこに植えてあるいくつかの木々
それだけで癒やされる。

そんな感覚と似てるのかね。

と言ったところで、
2019年3月最後の日はこの辺で☆

2019年3月31日


『満開のビルの灯りに押されて
輝いて見えてた光は
過去に照らされ浮かび上がった
失い掛けてた小さな夢

戻れぬ恐怖を抑えて突き進む
今を歩く一人の男に
闇の中でもがいてる
もう一人の男が差し出した小さな石

都会の夜に放り投げたつもりが
見上げればまだそこに残ってた

都会で消えそうな小さな星

それは放り投げた小さな石が
燃え尽きる前の灯火なのか』


㉛☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆㉛

失い掛けてた小さな夢

㉛☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆㉛


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

  • Calendar

    2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archives

  • Link