2019年3月31日

Posted: under 未分類.

2019年3月最後の日は、
桜の開花宣言が出たにも関わらず
肌寒さが残る一日となった。
ここ近年はそんなような気がする。

でももう明日から4月。
きっと満開となる日はそこまで来ている。

そんな中、
少し前に懐かしの場所を通った。

よく歩いた道。

時に笑いながら。
時にうつむきながら。
時に疲れながら。

何年と何千回と歩いた道。

都会の移り変わりは早いけれど、
そこには変わらぬ景色と面影が沢山あった。

現状に満足しない性格は、
今も昔も変わらず
あの頃も歯を食いしばっていたのは変わらない。
決して楽しかった日々ばかりではないけれど
輝いて見えるのはなぜだろう。

取り巻く環境が変わったからか?
それとも重ねてきた年齢のせいか?

答えは出ないけれど、
やるべきことはただひとつ。
それは「今を輝かせるのみ!」

ありきたりかもしれないけれど、
そんな言葉からまず始めることが
大切なのかもしれないね。

昔の思い出とは
都会の中にある小さな公園
そこに植えてあるいくつかの木々
それだけで癒やされる。

そんな感覚と似てるのかね。

と言ったところで、
2019年3月最後の日はこの辺で☆

2019年3月31日


『満開のビルの灯りに押されて
輝いて見えてた光は
過去に照らされ浮かび上がった
失い掛けてた小さな夢

戻れぬ恐怖を抑えて突き進む
今を歩く一人の男に
闇の中でもがいてる
もう一人の男が差し出した小さな石

都会の夜に放り投げたつもりが
見上げればまだそこに残ってた

都会で消えそうな小さな星

それは放り投げた小さな石が
燃え尽きる前の灯火なのか』


㉛☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆㉛

失い掛けてた小さな夢

㉛☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆㉛


Comments (0) 3月 31 2019

2019 Taishi’s day☆ Mar.13

Posted: under 未分類.

2019年3回目の13日。
そして2019年3回目ののTaishi’s day☆


穏やかな日差しを浴びながら、
庭を歩いてみれば、
そこには、
ふきのとうが芽を出している。

きっと数十年前では、
手を伸ばしてなかっただろう。

そんなことを思いながら、
小さな籠を物置から出してきて、
ひとつ、ふたつと摘むんでいく。

ふきのとうを美味しく感じる。

きっとそれも
歳を重ねてきた証なのだろう。

そして

3月8日。

またひとつ歳を重ねることができた。

楽しかったこと、
うまくいかなかったこと、
嫌なこと、
悲しかったこと、
笑ったこと、
色々あるけれど。

誕生日を迎えられることと、
繋がっていく大切な方々に
ありがとうと感謝をした。

そしてまたその気持ちを引き連れて、
歩んでいきたいと思います。

と言ったところで、
2019年3回目の13日
そして2019年3回目のTaishi’s day☆

はこの辺で☆

2019年3月13日


『雨上がりの空に
春の声が聞こえた

雨上がりの大地に
春の鼓動を感じた

「春の来ない冬はない」

そんなよくある言葉の意味が
少しわかったような気がした』


☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆

「春の来ない冬はない」

☆⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬☆


Comments (0) 3月 13 2019

  • Calendar

    2019年3月
    « 2月   4月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • Archives

  • Link